ED男性不妊は治療薬で簡単に解決できる!

ED男性不妊

ED(勃起不全)によって妊娠させることができないことをED男性不妊と管理人は言っています。

これも列記とした男性不妊の原因の1つなのですが、その点に付いては「ED(勃起不全)は列記とした男性不妊の原因」で詳しく紹介しているので参考にしてください。

さて、そんなED男性不妊ですが、最も効果的で効率的な解決手段が現在ではあります。

それこそがED治療薬というお薬です。

「バイアグラ」と言えば、聞いたことがある男性も少なくないと思います。バイアグラは勃起不全によって子供が出来ない男性にとって救世主と言っても良いほど、効果的なアイテムです。

そんなED治療薬(バイアグラ)について今回はご紹介したいと思います。

ED治療薬は「どこで買うの?」入手方法

日本でED治療薬を入手するには病院・クリニックに行って処方してもらう他ありません。ネットサーフィンを行う人は「バイアグラが通販購入できる!」という文字を見かけることがありますが、日本だとED治療薬は医者・薬剤師に処方してもらうしか手に入れることはできません。

それ以外の入手方法は正規ルートではありません。法的にはグレーゾーンと呼ばれていますが、「ED治療薬をネット通販で買うのは危険」というのは医療関係者が口酸っぱく言っています。

基本的に病院に行って「バイアグラをください!」と言っても、処方してもらえません。こんなことは当然ですが、ED治療薬は医薬品なので医師の診断を受けて、服用しても問題ないとう人にしか処方されません。

こればかりは担当医の判断なので何とも言えませんが、最近では「勃起不全で性行為がままならない・・・」という人にはすぐにED治療薬が処方される流れになっているようです。

一応、EDの専門科は泌尿器科と言われています。近年ではEDを専門として扱うクリニックもありますが、そういった専門的な医療機関ではなくても問題ありません。

最も手っ取り早い方法は「かかりつけ医に相談すること」で、紹介状を書いてもらったり、そのかかりつけ医から処方してもらえます。医薬品ではありますが、どの医師(専門医ではなくても)でもED治療薬は処方してもらえます。

ED治療薬の値段と保険適用

ED治療薬は健康保険適用外の医薬品です。理由は「病気を治す為の薬品ではないから」と言われています。そのため、病院で処方されたとしても保険適用外の値段でしか購入できないので、風邪の治療薬とは違って高くなります。

大体の相場は1錠あたり1,000~2,000円です。

今やバイアグラだけでなく色々なED治療薬があり、値段も違います。と言っても、数百円の違いなのでそこまで大きな差はありません。

2014年からはバイアグラのジェネリック医薬品も販売されるようになり、保険がなくても1,000円前後で手に入れることができます。

純正のED治療薬

ED治療薬名 値段 製造薬品会社
バイアグラ25mg(1錠) 1,300円~ ファイザー(米)
バイアグラ50mg(1錠) 1,500円~ ファイザー(米)
レビトラ10mg(1錠) 1,500円~ バイエルン(独)
レビトラ20mg(1錠) 2,000円~ バイエルン(独)
シアリス10mg(1錠) 1,700円~ イーライリリー(日)
シアリス20mg(1錠) 2,000円~ イーライリリー(日)

ED治療薬はバイアグラの他にレビトラ、シアリスといった世界的に有名な薬品も存在しています。

ジェネリックED治療薬

ED治療薬名 値段 製造薬品会社
シルデナフィル50mg「トーワ」(1錠) 1,000円~ 東和薬品
シルデナフィル50mg(1錠)「キッセイ」 1,000円~ キッセイ薬品工業

今のところ日本でジェネリックがあるED治療薬はバイアグラのみです。他のシアリス、レビトラのジェネリック医薬品は日本ではまだ認可されていません。

世界初のED治療薬はバイアグラなので、約20年で特許が切れるためジェネリック医薬品が存在します。

ED治療薬の効果とそのメカニズム

ED治療薬はその名の通り、EDに対して効果を表す治療薬です。ED治療薬を飲むと「勝手に勃起する」というふうに勘違いしている人もいますが、ED治療薬を服用したとしてもある程度の性的興奮がなければ勃起することはありません。

ニュアンスとしては「勃起しやすいカラダになる」のではなく「勃起が萎えにくいカラダになる」という方が正しいです。

ED患者やそれにともなって男性不妊となっている人のほとんどは、「勃起をするがその勃起を射精する時まで維持することができない」パターンです。そういった人に対して有効な効果なので、ピクリとも勃起しない人が飲んだとしてもさほど効果はしめさないのがED治療薬です。

ED治療薬が勃起を促す仕組み

男が勃起する時、脳が性的な興奮を覚え、その興奮がペニスへ伝わります。そうなると、ペニス付近の血液中にcGMP(勃起を促す物質)が増えて血管を拡張し、ペニスに血液が流れ込み勃起します。

そして、勃起が終わるときは血液中にPDE5(勃起を終わらせる物質)が増えて、ペニスから血液がなくなって勃起が終わります。

この一連の勃起のメカニズムでED治療薬の有効成分「シルデナフィル」はPDE5(勃起を終わらせる物質)を阻害します。そうすると、勃起を終わらせる物質が血液中に減ってしまうので勃起が維持できるという仕組みになっています。

ED治療薬は約1時間で効果を表し、数時間有効!

ED治療薬の種類によっても効果の違いはありますが、どの治療薬も基本的に服用から1時間以内に効果を表し、数時間その効果げ継続します。

  バイアグラ レビトラ シアリス
効果が現れるまでの時間 約1時間 約30分 約3時間
効果が継続する時間 約5時間 約5時間 約24時間

このように効果の質は治療薬の種類によって異なります。

人によっては効きやすい・効きにくいなどもあるので、一概にどれがオススメとは言えませんが、医師の診断やアドバイスに従って選び服用するのがベストです。

知っておきたいED治療薬の注意点!

男性不妊の為にED治療薬はとても役立つ治療薬であることは間違いありません。その実感は80%以上と高く、飲んだ人のほとんどが勃起が高まり、維持できるようになったと言われています。

そんなED治療薬ですが、服用の際には注意する必要点もいくつか存在するので、覚えておきましょう。

ED治療薬でEDが治るわけではない!

「治療薬」という名前がついているので、「飲み続けると治る」と勘違いする人もいますが、ED治療薬は風邪薬などと違い、ED治療薬には一時的な作用しかありません。

解熱剤をイメージするとわかりやすいと思います。

ED治療薬でEDが治ったという人も少なからずいますが、それは「ED治療薬があれば勃起するから安心」という精神的な作用が強いと言われています。

EDには精神的原因の心因性EDと肉体的原因の器質性EDがあります。

勃起は男の精神状況(自律神経)と密接な関係があり、ED治療薬がお守り代わりになるだけで根本的に治る場合もあります。また、成功体験という面でもEDが治るというケースもあります。

ED男性不妊の場合、「自分のせいで不妊になっている」といったようにネガティブになる人も多いことから、EDに拍車をかけているケースも多くあります。そういった場合、ED治療薬を手にするだけでも一つの問題が解決するので結果的にEDが治るということもあるんですよ。

大なり小なり副作用がある!

ED治療薬の副作用は90%以上とかなりの高確率で副作用が現れます。

医薬品の副作用と聞くと少し怖いですが、ED治療薬の副作用は軽い症状のようなものです。

  • 目の充血
  • 顔のほてり
  • 頭痛

などが代表的な副作用です。ED治療薬は血圧を下げる作用もあり、お酒を飲んだ時と同じような症状が現れるのは自然のことなんです。

薬学的にはこれも副作用の1つと位置付けられているので副作用率90%という恐ろしい数字になっているだけなんです。

こんな人は服用できない場合がある!

バイアグラでは過去に死亡例もあります。そういった事例もあるので、医薬品として位置付けられているわけですが、基本的にはとても安全な治療薬と言われています。

死亡例でわかっていることは、バイアグラと他の医薬品を併用したことによるものです。

特に狭心症や心筋梗塞などの治療で処方されるニトログリセリン系の治療薬と併用した場合、自殺行為と言われるほど相性が悪いため最悪命を落とす場合もあります。

これは病院で処方される際に絶対に問われる項目であり、医者から念を押して指摘されるポイントです。

また、大量にお酒を飲んだ場合も、血圧が急激に低下するため危険とされています。

ネットで購入するのは偽物を掴ませることがあるので注意!

今やネットでもED治療薬が多く販売されている時代で、実際に入手している人も多いです。

しかし、日本の法律では病院で処方される以外は正規ルートではありません。海外の医薬品を個人輸入代行として通販購入できる仕組みとなっているので、今の日本ではそれを取り締まることができないわけです。つまり、法律の合間を抜いたグレーゾーンです。

「ED治療薬を病院で処方してもらう」となると、恥ずかしい・・・億劫だ・・・という思いをする人も一定数いるので、そういった人をターゲットにネット通販購入が未だに盛んに行われています。

これだけなら百歩譲って目を潰れる事案ですが、この市場に対して悪徳業者が介入し、偽物や危険な治療薬まで販売していることが大きな問題です。

年々、ED治療薬のネット通販による詐欺が増えていますし、副作用のある医薬品なので医師の指導のもと服用することを強くオススメします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*