男性不妊と精子

精子の老化!?「35歳から精子が衰え始める」衝撃の事実

精子の老化

「歳を取ると妊娠が難しくなる」という言葉を聞いたことがあると思います。「妊娠」なので、我々男に直接関係してくる「重大な問題では
ない」という考える人も少なくないでしょう。

過去に問題となった「卵子の老化」や「35歳を超えると羊水が腐る」という発言もそうですが、妊娠に関しするマイナスな要素は基本的に「女性」です。

しかし、近年の研究では「精子も老化する」ことが判明したんです。

精子が老化してしまうと妊娠させる力が衰えてしまい、不妊へと繋がる恐れがあり、これはまだ子供を授かっていない男性にとって衝撃的なニュースになると思います。

そこで、今回は精子の老化について詳しく調査してみたのでその内容を紹介したいと思います。

年齢によって精子も老化する

「精子も老化する」という研究報告を発表したのは男性不妊の第一人者として有名な岡田弘教授。当サイトも岡田教授からの多くの知識を参考にしていますが、管理人が知る限り「男性の不妊」にスポットしている泌尿器科の教授としては日本で間違いなくトップクラスの方です。

そんな岡田教授のMOAT研究によると、35歳から精子の老化が始まり、妊娠させる能力が低下することが報告されています。

年齢 精子の割合
20~29歳 72%
35~40歳 62%
40~50歳 52%
45~50歳 39%

参考:精子力は35歳から低下する|日本産科婦人科学会学術講演会ブログ|泌尿器科医 岡田 弘 オフィシャルサイト

※精子の割合とは妊娠させる力を持っている精子が存在している割合。

このMOAT研究は顕微授精といってマウスを用いた新しい技術で、この研究については下記で詳しく紹介しています。

この数値はあくまでも男性80人を対象とした統計によるもので、実際は個人差があり、35歳以上でも数値が高い人は一定数存在しているようです。

個人差があるとはいえ、ここまでハッキリと年齢と比例て数値が低下しているのをみると、本当にそうなんだろうと思ってしまいますね。

ちなみに、妊娠させる能力は「妊孕力(にんようりょく)」と呼ばれており、この力が低下すると男性不妊に繋がるそうです。

妊孕力と日本人男性の初婚年齢

厚生労働省の人口動態統計月報年計(概数)の概況によると平均初婚年利は男性で30.7歳(平成23年|2011年)です。

精子の老化が始まり妊娠させる力が衰え始めるのが35歳で、日本人男性の平均初婚年齢30.7歳となると、男が妊娠させるのに脂が乗っている期間というのは5年間しかないということ。

あくまでも統計上による数字だけの判断ですが、少子化や子供がいない夫婦が増えている原因の1つではあると思います。

ちなみに、年次の平均初婚年齢が以下。

年代 夫(年齢) 妻(年齢)
平成5年 28.4 26.1
10 28.6 26.7
15 29.4 27.6
20 30.2 28.5
21 30.4 28.6
22 30.5 28.8
23 30.7 29

ご覧のように日本では年々晩婚化が進んでいます。

精子の老化と妊娠を考えると、30歳までに結婚して妊活する方がいいのかもしれませんね。

精液検査では妊孕力は測れない!

精子の状態を検査するには精液検査が通常です。産婦人科だと検査してくれるところもあれば出来ないところもありますが、泌尿器科なら間違いなく受けることができる検査です。

しかし、精液検査では精子の妊娠させる力は診ることはできません。

精液検査では「精子の濃度」「精子の運動率」「正常系能精子率」が基本となります。精子の妊孕力を診るには「精子機能検査」でなければ判断できないんです。

精子の老化を測る新技術「精子機能検査」

精子の妊娠させる能力を検査できる「精子機能検査」。この検査はとても独自的なもので、管理人も少し調べてみましたが、「一歩間違えると危ないんじゃ!?」と思わせる内容です。

まず、精子機能検査ではマウスの卵子を使用します。

この時点で「え!?」となりますが、まさかまさかの男性から採取した精子をマウスの卵子に受精させるんです。漫画でよくあるキメラアントを誕生させるようなブラックな実験のようにも思えますが、これで精子の機能が測れるのだから驚きです。

専門的に言うと受精する一歩手前である「前核」という状態が形成されれば精子の受精能力がわかるそうです。

仮に、受精したとしても細胞分裂をして成長することはないみたいです。

このように一般人でも「大丈夫なの?」と不安に思ってしまう検査をすることでは妊孕力がわかるんです。

男の35歳は精子の老化だけでなく勃起の老化も始まる!

男性不妊の原因は精子の能力だけではありません。当サイトでも紹介しているように「勃起不全(ED)」も男性不妊の原因だと言われています。まさかとはおもますが、この勃起不全が増えてくる年齢も35~40歳と、精子の老化が始まる年齢に近いんです。

sub01_image

画像引用:データで読む日本人のED|ED(勃起不全)とは|EDネットクリニック

このグラフでみると30~40代だとそこまでEDを警戒するほどではないように思えます。しかし、やはりこの年齢が勃起力の曲がり角であることは間違いありません。

また、これに関連するデータとして年齢による男性ホルモンの低下もあります。

男性ホルモン(テストステロン)は男の勃起にとって燃料となる部分になるので、このホルモン分泌が体内から減少してしまうと勃起力も釣られて低下してしまうそうです。

dannseihorumonnenreiteika

8.5pg/ml未満 男性ホルモンの治療をすぐに開始するレベル。
8.5pg/ml以上
11.8pg/ml未満
男性ホルモンの治療を選択するか聞かれるレベル。
11.8pg/ml以上 男性ホルモン治療は行わず、とりあえず様子見レベル。

引用:【中年オトコ必読】男性ホルモンのお話 | 精力剤を探すなら【夜な夜な薬局】~アナタにぴったりの精力剤を

男性ホルモンは25歳をピークに年々低下していくようで、35歳よりも手前から衰えていきます。

男性の勃起は男性ホルモンと性的興奮の反復作用から膨らみ、力強くなるので、男性ホルモンが衰えてしまうと、強い勃起がしづらくなってしまうんです。

そしてEDによる男性不妊で多いのが「中折れ」と呼ばれる「勃起はするけど、その維持が難しい状態」で、全く勃起できないという人ではないんです。

「中折れ」つまり、男性ホルモンの低下の初期症状とも受け取れる現象なんです。

精子が製造され射精に至るまでの期間は3ヶ月!

精子が作られて射精するまで

精子がどこでどのように作られて、どのように移動し射精のスタンバイをし、体外に排出されるのか知っている男性は少ないと思います。

おそらく中学校の保健体育で学んだことがあるはずですが、思春期の男からすればエロスな目線でしか記憶にないと思います。

生理的な現象として精子が作られ射精するまでの流れを今日は紹介したいと思います。

精子が作られるには約74日間かかる

これは知っている人も多いかと思いますが、精子は精巣という生殖器官で作られます。(精巣いわば金玉です)

厳密に言うと、精巣は白膜という膜に覆われていて、この白膜から続いている中隔という細胞組織によって200~300の部分(小葉)に仕切られています。そして、その小葉の中に3~4本ほど精細管という組織があり、この精細管で精子は誕生し作られていきます。

ちなみに、精巣1つに大体1000~1200本ほど精細管が存在していると言われます。

この精細管で74日間かけて精子は作られているんです。

精子が作られる仕組み

malereproductive_image

画像引用:男性不妊について|不妊治療 京野アートクリニック高輪(東京 港区 品川)

精細管には精子の核となる「精粗細胞」という細胞があります。そして、その精粗細胞を育ている為の細胞「セルトリ細胞」、男性ホルモンを供給する「ライディヒ細胞」という3つの細胞が深く関係しています。

精粗細胞はセルトリ細胞から栄養をもらって、精母細胞→精子細胞という風に成長し、「精子」になっていきます。

最終形態の精子になれば、精細管から精巣上体へ移動します。

精子を造るには多くの細胞が携わって、多くの神経を有しているんです。ちなみに、睾丸を打つと激痛が走るのは、精巣を覆っている白膜という組織に神経が集中しているからです。

この段階(精子が作られる精巣上体へ移動するまで)で何らかの問題があると、精子が少ない、精子の運動率が悪いといった造精機能障害による男性不妊の原因になってしまいます。

男性不妊の場合、約90%以上がこの段階で何らかも問題によって起こっていると言われています。

精子が作られ射精までの道のりは約3ヶ月

精巣上体まで移動した精子は、ここで受精するための能力を備えることになります。つまり、精巣上体に移動するまでは受精させる能力を持たない精子です。

ここで精子としての最重要能力を手に入れると、次は精管という精子専用の管を進むようになります。

この精管が尿道まで繋がっているわけですが、その途中に精嚢(せいのう)と前立腺という2つのゾーンを精子が通ることになります。

この2つのゾーンを通ることで分泌液と精子が混ざり、どんどん射精管を通って精液として射精されるようになります。

この精管を通って精液になるまでの期間が約2週間と言われています。

つまり、精子が作られる(74日間)+精子が移動する(14日間)で約3ヶ月の長旅でやっと精子は射精まで至るんです。

この移動する14日間の間に何らかの問題があっても男性不妊になってしまいます。これを精路通過障害による男性不妊と言います。

ちなみに、精路通過障害の代表的な症状が「精子は作られているけど、精液の中に精子が存在しない」というパターンです。

精子が射精するまでにかかる3ヶ月間。この長い道のりのなかで機能的な問題が生じることで男性不妊がおこるわけですが、とてもデリケートだということが理解できると思うんです。

大人になれば「当然のように精子がつくられ、当然のように精液の中に精子がいて、当然のように妊娠させることができる」と思っている人も多いようですが、とても過酷な3ヶ月間を経てやっと射精まで至っているんですよ。

男性不妊の主な原因は精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)

精索静脈瘤

実は糖尿病患者の数より男性不妊で悩んでいる人の方が多いということしっていましたか?

糖尿病といえば生活習慣病の代名詞で、多くの患者がいることで有名です。それとは逆に男性不妊というと本の一握りの数だと思う症状ですが、2012年の厚生労働省発表のデータから読み取ると糖尿病患者の数よりも多いことがわかります。

糖尿病患者の数は約52万と言われていますが、男性不妊は約100万人と言われているので、倍近い違いがあるんです。

  • 男性不妊というと何だか恥ずかしい・・・
  • 男として認められない・・・

といった意見が多くありますが、この数からするともはや日本人男性の代表的な症状ともいえます。だから、男性が原因で子供が授かれないとしても珍しいことではなく、恥ずかしがることもないんです。

そういった心境が多いことで診察や検査にいかない男性も多いので、妊娠を願っているのになかなか妊娠させることができないという男性は病院で気軽に検査を受けましょう。

男性不妊の主な原因は静脈瘤(じょうみゃくりゅう)

男性不妊に陥る原因は大きく2つに別れています。

その2つが造精機能障害と精路通過障害になります。

造精機能障害
精子が少なかったり、精子の運動率が低かったり、精子の形態が正常でなかったりという風に精子を作る段階で機能的な問題がある場合は造精機能障害と診断されます。
精路通過障害
精子が作られて射精するまで通路、または精子が送り出される通路の段階で何らかの機能的な問題がある場合は精路通過障害と診断されます。

2つに大きく別けられているわけですが、男性不妊90%以上が造精機能障害にあたると言われています。

原因 患者数
造精機能障害
特発性造精機能障害 5650人 75%
精索静脈瘤 1398人 18.60%
染色体異常 128人 1.70%
間脳下垂体以上 21人 0.30%
抗がん化学療法後 92人 1.20%
停留精巣 46人 0.60%
ムンプス精巣炎 18人 0.20%
その他 90人 1.20%
精路通過障害
先天性両側精管欠損 18人 0.20%
ヘルニア手術後 43人 0.60%
精管結紮 31人 0.40%

参考:男性不妊バイブル | 泌尿器科医 岡田 弘 オフィシャルサイト

造精機能障害は男性不妊検査の「精液検査」によって調べることができるんですが、多くの人は「精子の数が少ないだけ」ということはなく、全体的に基準値を下回ることが多いらしいです。

つまり、精子の濃度・運動率・形態異常のどれかが異常値というよりは、男性不妊と診断される人の多くは3つともに異常がみられるんです。(医学的にこれらをOTA症候群いいます。)

上記の表を見てわかるように、造精機能障害の中の特発性造精機能障害という原因が男性不妊(OTA症候群)で最も多く75%です。実は特発性造精機能障害というのは原因不明ってことなんです。

つまり、OTA症候群と診断される人の約70%以上は理由が原因がわからずに診断されているんです。

そして、原因がわかっている男性不妊(OTA症候群)で最も多いのが静脈瘤になります。

男性不妊の原因「静脈瘤」について

静脈瘤【精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)】は、男性不妊で原因がわかっている中でもっとも多い原因です。上記の表だと約18%が該当していましたが、これはこのデータを調査した泌尿器科医「岡田弘」さんのみのデータです。

一般的には30~40%が静脈瘤が原因で男性不妊に陥るようです。

静脈瘤とは、静脈弁という機能が低下(または不全)になってしまい、普通なら心臓へ向かって流れるはずの血液が逆流してしまい、精巣に戻ってしまうことにより、精巣の静脈に瘤(瘤状のふくらみ)ができるものです。

静脈瘤と更年期の女性だと足などにできることが多くあります。

静脈瘤については以下のサイトを御覧ください。(※グロ画像あり注意。)

知ってください下肢静脈瘤のこと | 下肢静脈瘤について

静脈瘤は身体の色々な部分にできる可能性がありますが、男性不妊を引き起こす静脈瘤は精巣(睾丸付近)で起こります。上記で紹介したサイトで静脈瘤というものがどのようなものかわかった人だと納得できるかと思います。

この静脈瘤が精索(精巣付近)にできてしまうと、精巣温度が高くなり、酸化ストレスが増えることがわかっています。

よく「歳をとってから高熱がでると精子が死ぬ」なんて言われますが、これは本当の話で、静脈瘤による男性不妊も主に精巣の温度が習慣的に上昇してしまうからなんです。

この精巣付近の体温上昇によって、精子の製造が少なくなったり、異常を来す恐れがあるんです。

原因がわかっている男性不妊として最も多いのがこの静脈瘤になります。睾丸は精密な検査をしないと判断できませんが、「足に静脈瘤ができている」「家族が静脈瘤になっている」という人は体質的に精索静脈瘤にもなりやすいと言えます。

そういった節がある人は一度泌尿器科で検査を受けるようにしましょう。

精子が問題で起こる3種類の男性不妊症

精子と男性不妊症

男性不妊と聞くと一般的に「精子に問題がある」と思う人も多いと思います。実際に男性不妊のほとんどは精子に関する問題が起こっていることで不妊になっています。しかし、それをもっと深く掘っていくと、色々と精子の問題にも種類があり、違いがあるんです。

「精子が有る無い」という簡単な問題で男性不妊になっているわけではないんです。

それでは、精子の問題で起こる男性不妊と種類について詳しく紹介したいと思います。

男性不妊に陥る精子の問題は大きく3種

男性不妊になってしまう精子に関する問題は大きくわけて3種類あります。

  • 無精子症
  • 乏精子症
  • 精子無力症

少し男性不妊について調べたことがある人なら聞いたことはある名前だと思います。

作られた精子、精子を作る器官、精子を運ぶ器官など精子そのものの問題だけではなく、精子に関する全ての事に対して問題がある場合、ほとんどがこの3つに別けられます。

もちろん、先天性の精子に関する症状や特別な問題から派生する精子の問題も存在します。しかし、そういった男性不妊に陥る精子の問題の8~9割以上が上記の3つに該当しているんです。

それでは、この3つの精子の問題を詳しくみていきましょう。

無精子症

無精子症とは読んで字のごとく「精子がない状態」のことです。精子の問題による男性不妊で1番重い症状になります。

と言っても、「精子が身体のどこにも存在していない」というのとは少しニュアンスが違います。

条件としては「精液の中に精子が存在しない」という状態になります。精子が精液に無ければ、種なしなわけですから、女性を妊娠させることができません。しかし、無精子症だから絶対に自分の子供を作られないわけでもないんです。

男の身体では精子は精巣で作られます。それが精管という管を通って、精液に交わって精子入りの精液が出来上がるわけです。

つまり、無精子症と診断されたとしても、その人の身体で精子が作られていないというわけではないんです。

無精子症と診断された人でも、精巣に精子が残っている場合もあるので、その精子を採取できれば人工授精という不妊技術を使えば妊娠させることは可能なんです。

精子による問題で1番重い症状ではありますが、「100%妊娠させることができない」という症状ではないんです。

乏精子症

乏精子症は精液の中に精子は存在しているが、その数が基準より少ない状態になります。

乏精子症と診断される判断基準は精液の1ml中に精子の数が1500万以上いるかいないかになります。1mlの中に1500万以下なら乏精子症と診断されます。

ちなみに、「通常(望ましい)」と判断される数値が1ml中に4000万人以上だと言われています。

数だけで見るとかなり振り幅が大きいように思えますが、男性の精子の量はその日ごとでも異なるので、一度検査しただけでは確実な診断になりまりません。

体調の変化、年齢、タイミングなどもあるので1ml中の精子の数は正確に測れないんです。

(数十mlの精液から取り出した1mlにたまたま精子がいなかったという場合もありますからね。)

つまり、乏精子症と診断された人は軽度~重度の振り幅が大きく、1つの症状だけでは全てを語れないくらい違いがあるんです。

軽度の場合などは、性行為のタイミングをアドバイスされるだけで妊娠させることができたりするレベルなので、そう考えると男性不妊と言えるのかという疑問すらあります。軽度の乏精子症と無精子症とであれば雲泥の差があると思ってください。

逆に重度の乏精子症だとより無精子症に近くなっている状態なので、男性不妊治療方法が大きく変わってくることも覚えておきましょう。

精子無力症

精子無力症は精液中の精子の数に問題はないけど、その精子に元気がない状態に診断される症状です。

よく、「精子の量」と「精子の質」という風に例えられますが、これは「精子の量=乏精子症」、「精子の質=精子無力症」という位置付けになります。

「どちらが重要なのか?」と比べてしまう人も多いと思いまうが、どちらも重要です。無精子症と比べるとはるかに「精子無力症、乏精子症の方が軽い男性不妊症」です。

精子の質というのは精子の運動率のことを主に指しています。

性行為によって精子が卵子まで辿り着き受精することが自然妊娠です。一度の射精で数億匹の精子が卵子へ向かって放たれるわけですが、受精というゴールへたどり着くのは1匹になります。(1つの卵子に2つ以上の精子が受精することはかなり稀です。詳しくは準一卵性双生児

その際に何億匹が死滅するわけですが、その中で1番運動率が高く運を持った精子が受精できるわけです。そんな過酷なレースを制さなければならない受精トライアルで、精子の運動率が低いというのは男性不妊の原因となるんです。

しかし、何億匹もいる精子が平均値として運動率が低いと判断されるため、中には運動率が良い精子も存在します。その平均的な運動率の精子の運が良ければ受精まで漕ぎ着けることができるんです。

ここからは確率的な要素になってくるので、精子の運動率が低いとなかなか妊娠させられない=男性不妊という風に診断されるんです。