男性不妊の原因

男性不妊をセルフでチェック!日常生活から紐解く精子量!

不妊治療や不妊症と聞けば女性だけのもの。と考えがちですが、コレは大きな間違い。

世界保健機関(WHO)が公表した不妊症の原因は統計で【女性41%】【男性24%】【男女共24%】【原因不明11%】となっています。

男性24%・男女共24%…これを考えれば不妊症に苦しむ夫婦のうち、2組に1組が男性にも原因があることになります。

半数です。不妊症に悩む夫婦の半数は男性にも原因があるということは忘れてはいけません。

自分は子作りをしていないし関係ないと思っているかもしれませんが、一般的に無精子症は100人に1人の割合でいると考えれらています。これを考えても他人事ではありません。

自分の精子は大丈夫?10人に1人は精子に悩みを抱える時代

とにかく不妊症は俺には無関係だ!と考えるのはよくありません。もう一度言いますが不妊症に悩む夫婦の半数が男性にも問題があるのです。

男性不妊の原因は精子に異常がある場合や、EDや射精障害など性交時に異常が生まれる場合などが考えられます。中には遺伝的要因が関係している先天性のケースも考えられます。

しかし男性不妊の原因の約90%は造精機能障害です。名前の通り精子を製造する機能に障害がある場合です。

精子が上手く作られない事で生まれる「無精子症・乏精子症・精子無力症」が男性不妊の主な原因。

名前を聞くだけで心が痛くなるような症状ですが、10人に1人は精子に悩みを抱える時代。他人事ではありません。

乏精子症が男性不妊の原因第一位

自然に妊娠するために最も望ましい精子の数は4000万以上だと言われています。これは望ましい数字なので4000万以上ないからと言って問題なわけではありません。

2000万以上あれば正常であり問題はありませんが、乏精子症の男性はこの数字に届きません。

乏しい精子という名前の通り「精子の数が著しく少ない状態」が乏精子症です。この乏精子症に苦しむ男性が圧倒的に多く、男性不妊の原因第一位に挙げられます。

原因は一言では言えませんが、精巣機能の低下や精索静脈瘤などの病気も考えられます。

また原因不明のケーズも多く非常に厄介な症状であることに違いはありません。

男性不妊の原因第二位が無精子症

名前の通り精液の中に全く精子が見られない状態が無精子症であります。ゾッとするような症状ですが、実はこの無精子症は男性不妊の原因第二位に該当しているのです。

厳密に言えば無精子症には種類があり、精子はあるが通路が塞がってしまっている【閉塞症(へいそくしょう)】と精子を作る機能そのものに障害がある【非閉塞症】に分けることが出来ます。

原因も様々で先天的なものから後天的な原因まであり、鼠径ヘルニア(脱腸)の手術も1つの原因になっているのが厄介な所。

幼少期・成人になってから鼠径ヘルニア(脱腸)の手術を受けた人が無精子症になる確率は、そうでない人に比べると非常に高いものあります。

精子無力症もあなどれない症状

男性不妊の原因3位に位置する精子無力症は、精子に元気がない状態のものを指します。乏精子症まではいかないが、元気な精子が少ない場合は精子無力症と診断されます。

この症状の場合は先天性のケースが多く、原因も全て解明されているわけではないのが実際の所。

前立腺の炎症や精巣の炎症、またおたふく風邪で高熱が出た経験のある人もその際に組織にダメージを受けている可能性があるようです。

小さい頃に停留精巣で手術を受けた経験のある人も精子無力症になってしまっている可能性が考えられます。

乏精子症と同じように精索静脈瘤が引き金になっている場合もあるようですね。

健康な精子は日常生活にかかっている?男性不妊を簡単セルフでチェックしてみよう。

「無精子症・乏精子症・精子無力症」と言っても専門医での診察を受けなければ判断することは出来ません。

実際に不妊に悩んでいる人は診察を受けるでしょうが、結婚していない人や子作りをしていない人は先に受診しておくなんていう考えは中々出てこないでしょう。

そんな人にオススメなのが生活習慣によるセルフチェックです!

精子の量や製造には日常の生活が大きな関係を持っていることもわかっています。簡単に言えば生活習慣が極端に乱れている人はその可能性もあるということです。

「肥満の人は精子の数が少なくなる」など正式な研究の上で分かっていることもあります。これらから自分はもしかしてヤバイかも…と感じる事ができるでしょう。

そのようにして危機感を持っておくことは非常に需要なことなので、是非自分と照らし合わせてチェックしてみましょう。

適度な運動はしていますか?運動不足は危険信号

運動不足は男女ともに不妊につながってしまう重要な要素です。近年は運動不足やデスクワークの増加などにより筋力が衰えている人が非常に増加しています。

運動不足になると全身の筋力が衰えるばかりでなく、血行不良やホルモンの分泌量にまで影響が出てきます。

特に男性の場合は男性ホルモン(テストステロン)が減り、性欲や生殖機能に異常が生じることもあります。

ただ筋肉・体力が低下するだけではなく、血行不良やホルモンバランスは不妊を巻き起こす大きな原因だという事を理解しておきましょう。

運動不足は肥満を招きますし、今現在極度の運動不足(デスクワークで運動も一切しない人など)だな…と感じる人は要注意です。

喫煙や乱れた食生活は不妊のもと

忙しくて食事はコンビニ弁当・インスタント食品ばかり。こんな男性はとっても多いでしょう。

結婚してからはなくなるかもしれませんが、1人の生活が長くなればなるほど食生活は乱れがちです。その乱れた食生活の習慣が男性不妊の原因となるかもしれません。

栄養不足に陥ると血流は悪くなる一方で、充分な精子を生み出す精巣機能が衰えてしまいます。それだけでなく偏った食生活は肥満や生活習慣病を招く原因でもありますよね。

また喫煙は「体に悪い事」は誰しもが理解しているでしょう。これは精子にも悪影響を与えることが研究結果として出ています。

血流悪化や様々な器官を酸化させてしまう喫煙は不妊の大きな原因。乱れた食生活に加え過度の喫煙を行っている人はかなり危険です。

サウナや高温の湯船に長時間浸かる行為は要注意

精巣は33度前後に保たれている事は知っているでしょうか?コレは精子が高温に弱く、守るために一定の温度で保たれているからなんです。

つまり精巣の温度が高くなりすぎる事はよくありません。サウナや湯船に長時間浸かる習慣のある人は少し注意しなくてはいけません。

ある程度は血流も良くなるのでいいのですが、熱すぎ・浸かりすぎはNG。

人間の体温よりも熱いお湯に浸かる習慣のある男性は精子の運動率が悪くなるという研究結果がでたこともあり、注意しなくてはいけないポイントです。

サウナや高温の湯船同様、ノートパソコンを膝下に置いて使用するクセのある人などは男性器周辺が熱を持ってしまいます。温めすぎないように注意しましょう。

過度な飲酒や身体を締め付ける服装は避けるべき

運動不足や乱れた食生活。サウナや湯船で温めすぎることなど、生活環境の中で男性不妊になりやすい生活は多々あります。

過度の飲酒も栄養バランスを乱すだけでなく、質の良い睡眠を妨げる影響もあります。睡眠不足は健康的な精子を作るためにも避けるべき要因。

また下腹部を締め付けるようなキツイ衣装(キツいブリーフ)などはよくありません。同様にボクサーパンツや細身のジーンズ・スキニーパンツなどもあまり良くないとされていますね。

密着性が高く男性器が蒸れてしまうようなものは基本的には避けたほうが無難でしょう。

トランクスやふんどしなどの方が生殖機能を高めるとも言われています。心当たりのある人は少し気にしておいたほうがいいかもしれませんね。

細かなことですが日々の生活を見直し、男性不妊について意識しておくだけでも確実に男性にとってプラスに働くと思います。

男性不妊の主な原因は精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)

精索静脈瘤

実は糖尿病患者の数より男性不妊で悩んでいる人の方が多いということしっていましたか?

糖尿病といえば生活習慣病の代名詞で、多くの患者がいることで有名です。それとは逆に男性不妊というと本の一握りの数だと思う症状ですが、2012年の厚生労働省発表のデータから読み取ると糖尿病患者の数よりも多いことがわかります。

糖尿病患者の数は約52万と言われていますが、男性不妊は約100万人と言われているので、倍近い違いがあるんです。

  • 男性不妊というと何だか恥ずかしい・・・
  • 男として認められない・・・

といった意見が多くありますが、この数からするともはや日本人男性の代表的な症状ともいえます。だから、男性が原因で子供が授かれないとしても珍しいことではなく、恥ずかしがることもないんです。

そういった心境が多いことで診察や検査にいかない男性も多いので、妊娠を願っているのになかなか妊娠させることができないという男性は病院で気軽に検査を受けましょう。

男性不妊の主な原因は静脈瘤(じょうみゃくりゅう)

男性不妊に陥る原因は大きく2つに別れています。

その2つが造精機能障害と精路通過障害になります。

造精機能障害
精子が少なかったり、精子の運動率が低かったり、精子の形態が正常でなかったりという風に精子を作る段階で機能的な問題がある場合は造精機能障害と診断されます。
精路通過障害
精子が作られて射精するまで通路、または精子が送り出される通路の段階で何らかの機能的な問題がある場合は精路通過障害と診断されます。

2つに大きく別けられているわけですが、男性不妊90%以上が造精機能障害にあたると言われています。

原因 患者数
造精機能障害
特発性造精機能障害 5650人 75%
精索静脈瘤 1398人 18.60%
染色体異常 128人 1.70%
間脳下垂体以上 21人 0.30%
抗がん化学療法後 92人 1.20%
停留精巣 46人 0.60%
ムンプス精巣炎 18人 0.20%
その他 90人 1.20%
精路通過障害
先天性両側精管欠損 18人 0.20%
ヘルニア手術後 43人 0.60%
精管結紮 31人 0.40%

参考:男性不妊バイブル | 泌尿器科医 岡田 弘 オフィシャルサイト

造精機能障害は男性不妊検査の「精液検査」によって調べることができるんですが、多くの人は「精子の数が少ないだけ」ということはなく、全体的に基準値を下回ることが多いらしいです。

つまり、精子の濃度・運動率・形態異常のどれかが異常値というよりは、男性不妊と診断される人の多くは3つともに異常がみられるんです。(医学的にこれらをOTA症候群いいます。)

上記の表を見てわかるように、造精機能障害の中の特発性造精機能障害という原因が男性不妊(OTA症候群)で最も多く75%です。実は特発性造精機能障害というのは原因不明ってことなんです。

つまり、OTA症候群と診断される人の約70%以上は理由が原因がわからずに診断されているんです。

そして、原因がわかっている男性不妊(OTA症候群)で最も多いのが静脈瘤になります。

男性不妊の原因「静脈瘤」について

静脈瘤【精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)】は、男性不妊で原因がわかっている中でもっとも多い原因です。上記の表だと約18%が該当していましたが、これはこのデータを調査した泌尿器科医「岡田弘」さんのみのデータです。

一般的には30~40%が静脈瘤が原因で男性不妊に陥るようです。

静脈瘤とは、静脈弁という機能が低下(または不全)になってしまい、普通なら心臓へ向かって流れるはずの血液が逆流してしまい、精巣に戻ってしまうことにより、精巣の静脈に瘤(瘤状のふくらみ)ができるものです。

静脈瘤と更年期の女性だと足などにできることが多くあります。

静脈瘤については以下のサイトを御覧ください。(※グロ画像あり注意。)

知ってください下肢静脈瘤のこと | 下肢静脈瘤について

静脈瘤は身体の色々な部分にできる可能性がありますが、男性不妊を引き起こす静脈瘤は精巣(睾丸付近)で起こります。上記で紹介したサイトで静脈瘤というものがどのようなものかわかった人だと納得できるかと思います。

この静脈瘤が精索(精巣付近)にできてしまうと、精巣温度が高くなり、酸化ストレスが増えることがわかっています。

よく「歳をとってから高熱がでると精子が死ぬ」なんて言われますが、これは本当の話で、静脈瘤による男性不妊も主に精巣の温度が習慣的に上昇してしまうからなんです。

この精巣付近の体温上昇によって、精子の製造が少なくなったり、異常を来す恐れがあるんです。

原因がわかっている男性不妊として最も多いのがこの静脈瘤になります。睾丸は精密な検査をしないと判断できませんが、「足に静脈瘤ができている」「家族が静脈瘤になっている」という人は体質的に精索静脈瘤にもなりやすいと言えます。

そういった節がある人は一度泌尿器科で検査を受けるようにしましょう。

海外と比較した日本の不妊症率と不妊の原因

男性不妊に関する海外と日本の違い

不妊(不妊症)という問題は日本だけのあるものではありません。(当然ですが、、、)しかし、そんな不妊症(男女)の海外データと日本のデータを見比べてみると、他の国よりもかなり劣っている部分が多いんです。

そもそも、日本のみだけで不妊に関する大規模な調査やデータは実施されていません。

これこそが1番の問題なのかもしれません。

不妊に関するネガティブなデータ以前に、日本では不妊という問題意識が他の国よりも劣っているんです。少子高齢化と言われている日本ですが、少子という部分には夫婦間の不妊という原因も含まれています。

もちろん、女性の社会進出といったこともあるので、少子の原因が全て不妊にあるとは言えません。しかし、今後の日本の少子化を食い止めるためには不妊と向き合って解決していくことが重要なんです。

長々と前置きをしてしまいましたが、それでは海外と比べた日本の不妊関するデータを紹介していきましょう。

日本では10組に1組が不妊問題に悩まされている

不妊という定義についてご存知でしょうか?一応、日本でも不妊の定義というものはあります。

「健康な夫婦が避妊していないにも関わらず、2年間妊娠しないこと」

一般的に健康な夫婦が避妊をせずに生活をすると、確率的に2年間で100%を超えるとされています。

妊娠する確率は1周期(女性の月経から次の月経までの期間)あたり15%だと言われています。大体、女性の1周期は1ヶ月に1度訪れます。そうなると、1年間に15%の確率を12回チャレンジするという計算になります。

単純に足し算じゃなく、確率計算をした場合、1年間に約85%のペアが1年以内に妊娠するようになります。

これが2年間になると100%を超えるということですね。

そして、日本人のカップルは10組に1組が不妊と言われています。(約10%が不妊)

こういった妊娠の確率から導き出されたのが「健康な夫婦が避妊していないにも関わらず、2年間妊娠しないこと」という不妊定義になったんです。

しかし、そんな不妊定義は最近変更され、世界の標準(WHO)に合わせて「健康な夫婦が避妊していないにも関わらず、1年間妊娠しないこと」になりました。

不妊の定義の変更について|日本産科婦人科学会

この流れから見て、日本は世界的にみても不妊という判断が緩い国だったんです。他の外国諸国は1年間という期間が一般的だったんですが、ここへきてようやく日本も世界標準に合わせるようになったんです。

この遅れからみても、日本という国が他の国よりも不妊に対して発展途上国ということがわかると思います。

日本人は各々の不妊意識も低い

上記でも解説したとおり、日本人カップルの約10%が不妊です。といっても、このデータは正確に調べた数値ではありません。そもそも、日本国内には不妊率に対して大規模な調査も行われていないので、確固たるデータが存在していないんです。

ちなみに、不妊治療または不妊検査を受けたことがある夫婦は16%というデータもあります。

WHO(世界保健機関)の報告では、不妊の原因は以下

不妊の原因 割合い
男性のみが原因 24%
女性のみが原因 41%
男女とも原因 24%
どちらが原因か不明 11%

この調査データによると男性が関係している不妊は48%となります。つまり、夫婦の不妊の原因の48%は男性にあるということです。

これを知っている男性は多くはないと思います。今でも日本では不妊の原因のほとんどは女性だとされているからです。もちろん、男性よりも女性のほうが不妊に関係しているのは事実です。しかし、それを男性が威張って発言できる立場ではないんです。

また、男性の不妊の場合には精子の量や質以前に射精障害やED(勃起不全)という問題もあります。

単純に種に問題があるだけでなく、夫婦生活の段階から不妊の原因が始まっていることもあるんです。

日本は夫婦生活による不妊は世界でも屈指

1年間の夫婦生活の世界平均は103回と言われています。このデータはコンドームの大手メーカーであるデュレックス社が世界的に調査したデータなので間違いはありません。

参考:図録▽世界各国のセックス頻度と性生活満足度

この調査で1位はギリシャ(138回)、2位はクロアチア(134回)、3位はセルビアモンテネグルロ(128回)、4位はブルガリア(127回)、5位はチェコとフランス同立(120回)…となり日本は最下位です。

41カ国を対象に行なった調査で日本は41位(最下位)なんです。ちなみに、1年間の夫婦生活数は45回です。

月に換算すると、日本では約4回しか夫婦生活がないんです。TOP5の国と比べればその数は約1/3なので、これだけで不妊になる確率はグンと高まるんです。

もう一つ調査データがあり、夫婦生活の満足度という項目があります。

世界平均では夫婦生活の満足度は約44%。

日本は24%で、平均の約1/2です。

夫婦生活の数が減れば、その分、妊娠のチャンスは減ってします。もちろん、夫婦生活に関しての満足度が低ければその分、夫婦生活の数も減ってきます。こういった、性生活に対するとデータからみると、日本の少子化や不妊率の上昇は必然なんです。

しかし、不妊にたいしてネガティブなことだけではありません。

日本は体外受精・顕微授精(ART)の実施数や技術は世界的に見てもダントツでトップなんです。

まぁ、不妊が多いからこういった医療症例数が増えるわけですが、不妊を解決させる対策や技術は世界的に見ても前を言っているんです。

医療や技術が高まるのはいいのですが、個人的には自然妊娠を促す政策をする方が手っ取り早いとも思いますが、、、

男性不妊治療はタバコ(喫煙)を止めることから始まる!

タバコと男性不妊

「百害あって一利なし」と言われているタバコですが、その百害の中に男性不妊が含まれていることをご存知でしょうか?

まぁ現代においてタバコで何かプラスされる健康効果は一切存在していないことは多くの人が知っていると思います。しかし、煙草によってどんな健康被害が起こっているかを知っている人は少ないのではないでしょうか。

ただただ健康被害があるという一括りで終わりにしています。

タバコは男性不妊を進行させている1つの原因です。

男性側の原因で子供を授かれない状態にある人は何よりも先にタバコを辞めましょう。タバコを吸っている男性不妊症の人からすれば禁煙自体が男性不妊治療の1つと言えるくらい絶大的な効果を与えてくれるわけですから。

それでは今日はタバコ(喫煙)と男性不妊について詳しくご紹介しましょう。

タバコは精子の数と質を低下させる

「何となくタバコが精子に影響しているのかな~」と思う人はいると思いますが、何となくではなくモロに影響しています。

これは喫煙者と非喫煙者を被験者にした実験でも証明されています。

以下の喫煙と精子の関係を表した実験結果

Table-1.-2014.5.20

画像引用:たばこと男性不妊 第1話ブログ|泌尿器科医 岡田 弘 オフィシャルサイト

簡単に言うと、「タバコを吸っている人と吸わない人では精子の数と精子の運動率が違い、喫煙者のほうが精子に悪影響を及ぼしていました。」という結論に至った実験です。

タバコの成分であるニコチンが主に精子の質・数に影響を与えていて、ニコチン濃度によっても数値の差が大きく現れています。

つまり、タバコが男性不妊を斡旋させているとともに、ヘビースモーカーであればあるほど不妊に悪影響を及ぼしているんです。

タバコが精子のDNAを傷つける

精子の質と数にも影響するタバコですが、精子が持つDNAに対しても喫煙は影響を与えています。

これはタバコが持つ特性である強い酸化ストレスが精子のDNA構造を傷つけるからと言われています。

もともと、タバコを吸う・吸わないにかぎらず、一定の割合でDNA構造が損傷している精子は存在しています。しかし、その割合が喫煙者と非喫煙者では大きく異なるんです。

精子のDNAは不妊という意味合いでは、質・量ほど深く関係はしていませんが、DNA構造が損傷している精子が受精することで、正常な胎児になるず流産してしまうリスクが高くなります。

全く妊娠させることができないという不妊というよりは、妊娠しても流産してしまうという場合は、喫煙が精子に与えている悪影響が理由という場合もあります。

タバコが原因でEDになる

男性不妊の原因は精子の問題だけではありません。EDによって性行為が円滑に行えないという状況も男性不妊の1つとされています。

精子と卵子が受精する以前の話にはなりますが、近年において男性不妊の原因として「ED」は急激に増えており問題視されています。

タバコは男性の血流に大きく関係しており、血流の低下は勃起に対して悪影響を与えEDを斡旋してしまうんです。

「タバコを吸っているけど血流に問題はない!健康診断で指摘されたことはない!」という男性も多くいますが、EDに陥る血流の問題は目に見えてわかる健康被害以前に現れるものです。

これは心臓や脳などの血管よりも男性器付近の血管のほうが細く入り組んでいるからだと言われています。

つまり、タバコによる血管・血流への影響は生命に関わる太い血管よりも男性器などに関与している細い血管の方が早く症状とし現れるんです。

だから、見た目上の健康被害が出ていなくてもEDになるという現象が起こりえるのです。

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる特性があり、この習慣的な収縮が血管を硬くし、細くしてしまい血流を悪化させているんです。

喫煙者による副流煙が妻も不妊にさせている

タバコは吸っている喫煙者だけが悪影響を及ぼすものではありません。

これが副流煙と言われているわけですが、タバコの特性上まわりにいる人も少なからず悪影響を及ぼす煙を吸うことになります。

そして、その副流煙を1番身近で吸い込む人物が「妻(奥さん)」になります。

男性でもタバコによって不妊が進んでしまうわけですから、副流煙とは言えど女性が同じ煙を吸い込むと女性不妊にもなってしまうのは当然です。

男性の喫煙が自身の不妊だけを進めているのであれば救える部分もありますが、男性が喫煙をすることで夫婦の不妊が進んでいるということを覚えておきましょう。

といよりも、子供が出来ずに悩んでいる夫婦でタバコを吸っているのであれば今すぐ止めましょう。

喫煙者で不妊に悩んでいるなんて自業自得なので!