男性不妊の検査

精子の老化!?「35歳から精子が衰え始める」衝撃の事実

精子の老化

「歳を取ると妊娠が難しくなる」という言葉を聞いたことがあると思います。「妊娠」なので、我々男に直接関係してくる「重大な問題では
ない」という考える人も少なくないでしょう。

過去に問題となった「卵子の老化」や「35歳を超えると羊水が腐る」という発言もそうですが、妊娠に関しするマイナスな要素は基本的に「女性」です。

しかし、近年の研究では「精子も老化する」ことが判明したんです。

精子が老化してしまうと妊娠させる力が衰えてしまい、不妊へと繋がる恐れがあり、これはまだ子供を授かっていない男性にとって衝撃的なニュースになると思います。

そこで、今回は精子の老化について詳しく調査してみたのでその内容を紹介したいと思います。

年齢によって精子も老化する

「精子も老化する」という研究報告を発表したのは男性不妊の第一人者として有名な岡田弘教授。当サイトも岡田教授からの多くの知識を参考にしていますが、管理人が知る限り「男性の不妊」にスポットしている泌尿器科の教授としては日本で間違いなくトップクラスの方です。

そんな岡田教授のMOAT研究によると、35歳から精子の老化が始まり、妊娠させる能力が低下することが報告されています。

年齢 精子の割合
20~29歳 72%
35~40歳 62%
40~50歳 52%
45~50歳 39%

参考:精子力は35歳から低下する|日本産科婦人科学会学術講演会ブログ|泌尿器科医 岡田 弘 オフィシャルサイト

※精子の割合とは妊娠させる力を持っている精子が存在している割合。

このMOAT研究は顕微授精といってマウスを用いた新しい技術で、この研究については下記で詳しく紹介しています。

この数値はあくまでも男性80人を対象とした統計によるもので、実際は個人差があり、35歳以上でも数値が高い人は一定数存在しているようです。

個人差があるとはいえ、ここまでハッキリと年齢と比例て数値が低下しているのをみると、本当にそうなんだろうと思ってしまいますね。

ちなみに、妊娠させる能力は「妊孕力(にんようりょく)」と呼ばれており、この力が低下すると男性不妊に繋がるそうです。

妊孕力と日本人男性の初婚年齢

厚生労働省の人口動態統計月報年計(概数)の概況によると平均初婚年利は男性で30.7歳(平成23年|2011年)です。

精子の老化が始まり妊娠させる力が衰え始めるのが35歳で、日本人男性の平均初婚年齢30.7歳となると、男が妊娠させるのに脂が乗っている期間というのは5年間しかないということ。

あくまでも統計上による数字だけの判断ですが、少子化や子供がいない夫婦が増えている原因の1つではあると思います。

ちなみに、年次の平均初婚年齢が以下。

年代 夫(年齢) 妻(年齢)
平成5年 28.4 26.1
10 28.6 26.7
15 29.4 27.6
20 30.2 28.5
21 30.4 28.6
22 30.5 28.8
23 30.7 29

ご覧のように日本では年々晩婚化が進んでいます。

精子の老化と妊娠を考えると、30歳までに結婚して妊活する方がいいのかもしれませんね。

精液検査では妊孕力は測れない!

精子の状態を検査するには精液検査が通常です。産婦人科だと検査してくれるところもあれば出来ないところもありますが、泌尿器科なら間違いなく受けることができる検査です。

しかし、精液検査では精子の妊娠させる力は診ることはできません。

精液検査では「精子の濃度」「精子の運動率」「正常系能精子率」が基本となります。精子の妊孕力を診るには「精子機能検査」でなければ判断できないんです。

精子の老化を測る新技術「精子機能検査」

精子の妊娠させる能力を検査できる「精子機能検査」。この検査はとても独自的なもので、管理人も少し調べてみましたが、「一歩間違えると危ないんじゃ!?」と思わせる内容です。

まず、精子機能検査ではマウスの卵子を使用します。

この時点で「え!?」となりますが、まさかまさかの男性から採取した精子をマウスの卵子に受精させるんです。漫画でよくあるキメラアントを誕生させるようなブラックな実験のようにも思えますが、これで精子の機能が測れるのだから驚きです。

専門的に言うと受精する一歩手前である「前核」という状態が形成されれば精子の受精能力がわかるそうです。

仮に、受精したとしても細胞分裂をして成長することはないみたいです。

このように一般人でも「大丈夫なの?」と不安に思ってしまう検査をすることでは妊孕力がわかるんです。

男の35歳は精子の老化だけでなく勃起の老化も始まる!

男性不妊の原因は精子の能力だけではありません。当サイトでも紹介しているように「勃起不全(ED)」も男性不妊の原因だと言われています。まさかとはおもますが、この勃起不全が増えてくる年齢も35~40歳と、精子の老化が始まる年齢に近いんです。

sub01_image

画像引用:データで読む日本人のED|ED(勃起不全)とは|EDネットクリニック

このグラフでみると30~40代だとそこまでEDを警戒するほどではないように思えます。しかし、やはりこの年齢が勃起力の曲がり角であることは間違いありません。

また、これに関連するデータとして年齢による男性ホルモンの低下もあります。

男性ホルモン(テストステロン)は男の勃起にとって燃料となる部分になるので、このホルモン分泌が体内から減少してしまうと勃起力も釣られて低下してしまうそうです。

dannseihorumonnenreiteika

8.5pg/ml未満 男性ホルモンの治療をすぐに開始するレベル。
8.5pg/ml以上
11.8pg/ml未満
男性ホルモンの治療を選択するか聞かれるレベル。
11.8pg/ml以上 男性ホルモン治療は行わず、とりあえず様子見レベル。

引用:【中年オトコ必読】男性ホルモンのお話 | 精力剤を探すなら【夜な夜な薬局】~アナタにぴったりの精力剤を

男性ホルモンは25歳をピークに年々低下していくようで、35歳よりも手前から衰えていきます。

男性の勃起は男性ホルモンと性的興奮の反復作用から膨らみ、力強くなるので、男性ホルモンが衰えてしまうと、強い勃起がしづらくなってしまうんです。

そしてEDによる男性不妊で多いのが「中折れ」と呼ばれる「勃起はするけど、その維持が難しい状態」で、全く勃起できないという人ではないんです。

「中折れ」つまり、男性ホルモンの低下の初期症状とも受け取れる現象なんです。

男の不妊検査!これだけ知っていれば後は受けるだけ!

不妊検査

一昔前までは不妊(子供が授かれない)といえば、女性の責任という風潮がありました。その流れで、不妊検査といえば女性が行う検査という印象を抱いている人も少なくありませんでした。

しかし、常識的に考えれば、不妊は夫婦2人の問題なわけですから、原因は男性50%・女性50%にあります。

また、最近でも不妊検査を受けるのは女性が先で、その結果次第では男性が検査を始めるという流れが主流です。

効率から考えれば、二人同時に検査して結果を受けたほうが、後々の治療はスムーズに進みます。そういった意味でも男性不妊の検査は女性と同じ位置付けという意識を持っておきましょう。

それでは、男性の不妊検査について詳しく見ていきましょう。

不妊検査のタイミング

男性で不妊の検査をする人のほとんどが夫婦生活を送っているが子供ができないという状況。結婚してなかなか子供ができないという状況になって検査を受ける人が大半を占めています。

検査なので基本的にいつ受けようが、どのタイミングで受けようが関係ないのですが、不妊治療・不妊症のことを考えるなら早いに越したことはありません。

男性の不妊検査は若い時から受けるべき!

「男の不妊検査なんて結婚してからだろ!」と思っている人も多いでしょうが、将来の妊活のことを考えるのであれば、若い頃から受けるほうが絶対にいいです。

健康診断とおなじ感覚で1年に1回は不妊検査を受けることをオススメします。

そもそも、男性不妊は自覚症状がありません。仮に不妊だと診断されてからだと、不妊治療を行うほかにありません。

しかし、1年に1回検査をしていれば、検査で「少し精子の運動率が悪い」「精子の数が少ない」といった指摘があれば、生活習慣を見なおすなどの対策をすることは可能なんです。

面倒ではありますが、結婚していない人でも受けておくに越したことはありません。

検査を受けるのに1番良いタイミングは妻が検査を受ける時

男性が不妊検査を受けるのに1番良いタイミングは妻が不妊検査を受けるときです。これが1番合理的で、万が一、不妊治療を解することになった場合に役立ちます。

例えば、妻が検査を受けて不妊の可能性があり、不妊治療を行ったとします。(夫は不妊検査をしていません。)

この場合、夫が不妊である確率は不明です。そんな状況で、不妊と診断された妻だけが不妊治療を行うのは非合理的ですよね?

だって、不妊の原因は男女50%ずつなのに、片方が不妊と診断されて、もう片方は不明なわけですから。夫婦どちらも不妊だった場合、妻だけが不妊治療を行うのは無駄になりますからね。

だから、検査を受けるタイミングで1番は妻が検査を受ける時になります。

男の不妊検査はどこで受ける?

不妊検査を全く意識していない男性は「検査ってどこで受けるの?」と少し疑問に思うと思います。

男性の不妊検査を受ける方法は大きく別けて3つあります。

泌尿器科で不妊検査を受ける

最も定番なのが泌尿器科で検査を受ける方法。欲を言えば「男性不妊外来」がベストです。

泌尿器科は男性不妊検査の中で1番精密な検査が行えます。詳しい検査が行えるので、仮に「もっと精密な検査が必要」と判断された時に、他の病院や機関に回されるリスクも少ないです。

産婦人科で不妊検査を受ける

上記の検査を受けるタイミングのところで説明したとおり、男性不妊の検査を受けるのなら、妻と同時が最も理想的です。その点で言えば、妻と共に産婦人科で受けるのは手軽だと言えます。

しかし、産婦人科では泌尿器科のように詳しい検査ができないので、万が一、簡易検査で異常が診られた場合は泌尿器科で詳しい検査を受けるように言われてしいます。

夫婦同時に受けやすいですが、男性の場合は検査内容が精度がオチてしまいます。

自宅キットで不妊検査を受ける

最近では自宅に配送される不妊検査キットもあります。とても手軽で、手間もかかりませんが、検査の精度は3つの中で1番低いと言えるでしょう。

基本的に精液の中の精子の有無くらいしか確認できたいと思っていいでしょう。

男性不妊の原因はいくつもあるので、精子が有無といった検査は気休め程度だと思っていいでしょう。

男性不妊検査の方法

男性不妊の検査の基本は「精液検査」になります。精液を採取してその中にいる精子を確認するのがオーソドックスな検査方法になります。

精液を検査するので射精して精液を提出しなければならりません。その点で、億劫に感じる人が多いため、男性の不妊検査を受ける人は少ないと言われています。

精液検査

最もオーソドックスな男性不妊検査で、泌尿器科・産婦人科どちらでも行われる検査方法です。

この検査によって

  1. 精液の量
  2. 精子濃度
  3. 精子の運動率
  4. 運動の質
  5. 精子の形態
  6. 感染の有無

6つを診ることができ、これだけで多くの不妊の原因が判断できます。

提供する精液は病院で採取することもありますが、最近では自宅で採取し、持参して診てもらうというのが主流に
なっています。

この精液採取の条件が

  • 2~7日間の間射精せずに、自慰行為によって採取すること。
  • 加えて、採取してから2時間以内に診てもらうこと。

精液検査でほとんどの検査することができますが、男性の精液の状態は日によって大きく異なります。そのため、不妊の可能性があると診断されたとしても、数回受ける必要があります。

また、精液検査も提出された精液全てを検査するわけではありません。精液の一部を抽出して検査することになるので、その一部にだけ精子が存在していなかったというパターンも考えられるんです。

だから、1度の精液検査で全てがわかると思わないほうがいいでしょう。もちろん、「問題ない」と判断されれば、その段階で何度も受ける必要はありません。

診察による不妊検査

男性の不妊検査では診察も行われます。問診が主になり、不妊症に関連する病気や疾患などの診察。過去の男性器付近の外傷や強い衝撃といったことも聞かれます。

また、問診の中では性生活のことも聞かれます。勃起障害や射精障害も男性不妊の原因になるので、そういった間接的な不妊についても診察されます。

診察の中で直接、精巣(睾丸)などを診られることもあります。

精巣の触察も行う場合もあります。

内分泌液の検査(ホルモン検査)

男性不妊では男性ホルモンなどのホルモン物質も深く関係しています。よって、血中のテストステロン値、性腺刺激ホルモン(LH、FSH)といった数値を検査することも重要な不妊検査になります。

他の特別な検査

不妊検査の基本は「精液検査」「診察(問診・触診)」「ホルモン検査」の3つです。

しかし、この3つ検査で異常があると判断された場合は、もっと精密な検査が行われます。精密検査は泌尿器科でしか行われない場合があるので、産婦人科などで診断された人は紹介状などが渡されます。

1.染色体・遺伝子検査
精子の数が少いと判断された場合は染色体検査、遺伝子検査などが行われます。精子形成障害の可能性を調べるのが目的で、不妊治療を行う上でも重要な検査になります。
2.特殊検査
MRIによって精嚢や射精管の形態を調べる検査になります。精液検査や触診ではわからない精巣の状態を精密に検査することができます。
3.抗精子抗体
精子に対する抗体があるかどうかを血液検査によって調べます。

男性不妊の検査結果と基準

男性不妊の診断基準は世界共通で、WHO(世界保健機関)が定めている基準を基に診断されます。

精液 1.5ml以上
pH 7.2以上
精子濃度 1ml中に1500万以上
総精子数 1ml中に3900万以上※3900万未満の場合は乏精子症
精子運動率 40%以上※40%未満の場合は精子無力症
正常形態精子率 4%以上

引用:ヒト精液検査と手技-WHO(世界保険機関)マニュアル

これが言わば「男の妊娠させる力」を測定するもので、最低基準よりも低い数値になると不妊の可能性ありという風に判断されます。

男性不妊の検査費用

泌尿器科で受けるオーソドックスな不妊検査(問診・精液検査)は医療保険が適用されます。

相場で1,000~5,000円(保険適用費用)ですが、病院・クリニックによって費用は異なるので、具体的な費用が気になる人は検査してもらう病院に問い合わせてみましょう。