精子の老化!?「35歳から精子が衰え始める」衝撃の事実

精子の老化

「歳を取ると妊娠が難しくなる」という言葉を聞いたことがあると思います。「妊娠」なので、我々男に直接関係してくる「重大な問題では
ない」という考える人も少なくないでしょう。

過去に問題となった「卵子の老化」や「35歳を超えると羊水が腐る」という発言もそうですが、妊娠に関しするマイナスな要素は基本的に「女性」です。

しかし、近年の研究では「精子も老化する」ことが判明したんです。

精子が老化してしまうと妊娠させる力が衰えてしまい、不妊へと繋がる恐れがあり、これはまだ子供を授かっていない男性にとって衝撃的なニュースになると思います。

そこで、今回は精子の老化について詳しく調査してみたのでその内容を紹介したいと思います。

年齢によって精子も老化する

「精子も老化する」という研究報告を発表したのは男性不妊の第一人者として有名な岡田弘教授。当サイトも岡田教授からの多くの知識を参考にしていますが、管理人が知る限り「男性の不妊」にスポットしている泌尿器科の教授としては日本で間違いなくトップクラスの方です。

そんな岡田教授のMOAT研究によると、35歳から精子の老化が始まり、妊娠させる能力が低下することが報告されています。

年齢 精子の割合
20~29歳 72%
35~40歳 62%
40~50歳 52%
45~50歳 39%

参考:精子力は35歳から低下する|日本産科婦人科学会学術講演会ブログ|泌尿器科医 岡田 弘 オフィシャルサイト

※精子の割合とは妊娠させる力を持っている精子が存在している割合。

このMOAT研究は顕微授精といってマウスを用いた新しい技術で、この研究については下記で詳しく紹介しています。

この数値はあくまでも男性80人を対象とした統計によるもので、実際は個人差があり、35歳以上でも数値が高い人は一定数存在しているようです。

個人差があるとはいえ、ここまでハッキリと年齢と比例て数値が低下しているのをみると、本当にそうなんだろうと思ってしまいますね。

ちなみに、妊娠させる能力は「妊孕力(にんようりょく)」と呼ばれており、この力が低下すると男性不妊に繋がるそうです。

妊孕力と日本人男性の初婚年齢

厚生労働省の人口動態統計月報年計(概数)の概況によると平均初婚年利は男性で30.7歳(平成23年|2011年)です。

精子の老化が始まり妊娠させる力が衰え始めるのが35歳で、日本人男性の平均初婚年齢30.7歳となると、男が妊娠させるのに脂が乗っている期間というのは5年間しかないということ。

あくまでも統計上による数字だけの判断ですが、少子化や子供がいない夫婦が増えている原因の1つではあると思います。

ちなみに、年次の平均初婚年齢が以下。

年代 夫(年齢) 妻(年齢)
平成5年 28.4 26.1
10 28.6 26.7
15 29.4 27.6
20 30.2 28.5
21 30.4 28.6
22 30.5 28.8
23 30.7 29

ご覧のように日本では年々晩婚化が進んでいます。

精子の老化と妊娠を考えると、30歳までに結婚して妊活する方がいいのかもしれませんね。

精液検査では妊孕力は測れない!

精子の状態を検査するには精液検査が通常です。産婦人科だと検査してくれるところもあれば出来ないところもありますが、泌尿器科なら間違いなく受けることができる検査です。

しかし、精液検査では精子の妊娠させる力は診ることはできません。

精液検査では「精子の濃度」「精子の運動率」「正常系能精子率」が基本となります。精子の妊孕力を診るには「精子機能検査」でなければ判断できないんです。

精子の老化を測る新技術「精子機能検査」

精子の妊娠させる能力を検査できる「精子機能検査」。この検査はとても独自的なもので、管理人も少し調べてみましたが、「一歩間違えると危ないんじゃ!?」と思わせる内容です。

まず、精子機能検査ではマウスの卵子を使用します。

この時点で「え!?」となりますが、まさかまさかの男性から採取した精子をマウスの卵子に受精させるんです。漫画でよくあるキメラアントを誕生させるようなブラックな実験のようにも思えますが、これで精子の機能が測れるのだから驚きです。

専門的に言うと受精する一歩手前である「前核」という状態が形成されれば精子の受精能力がわかるそうです。

仮に、受精したとしても細胞分裂をして成長することはないみたいです。

このように一般人でも「大丈夫なの?」と不安に思ってしまう検査をすることでは妊孕力がわかるんです。

男の35歳は精子の老化だけでなく勃起の老化も始まる!

男性不妊の原因は精子の能力だけではありません。当サイトでも紹介しているように「勃起不全(ED)」も男性不妊の原因だと言われています。まさかとはおもますが、この勃起不全が増えてくる年齢も35~40歳と、精子の老化が始まる年齢に近いんです。

sub01_image

画像引用:データで読む日本人のED|ED(勃起不全)とは|EDネットクリニック

このグラフでみると30~40代だとそこまでEDを警戒するほどではないように思えます。しかし、やはりこの年齢が勃起力の曲がり角であることは間違いありません。

また、これに関連するデータとして年齢による男性ホルモンの低下もあります。

男性ホルモン(テストステロン)は男の勃起にとって燃料となる部分になるので、このホルモン分泌が体内から減少してしまうと勃起力も釣られて低下してしまうそうです。

dannseihorumonnenreiteika

8.5pg/ml未満 男性ホルモンの治療をすぐに開始するレベル。
8.5pg/ml以上
11.8pg/ml未満
男性ホルモンの治療を選択するか聞かれるレベル。
11.8pg/ml以上 男性ホルモン治療は行わず、とりあえず様子見レベル。

引用:【中年オトコ必読】男性ホルモンのお話 | 精力剤を探すなら【夜な夜な薬局】~アナタにぴったりの精力剤を

男性ホルモンは25歳をピークに年々低下していくようで、35歳よりも手前から衰えていきます。

男性の勃起は男性ホルモンと性的興奮の反復作用から膨らみ、力強くなるので、男性ホルモンが衰えてしまうと、強い勃起がしづらくなってしまうんです。

そしてEDによる男性不妊で多いのが「中折れ」と呼ばれる「勃起はするけど、その維持が難しい状態」で、全く勃起できないという人ではないんです。

「中折れ」つまり、男性ホルモンの低下の初期症状とも受け取れる現象なんです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*