男性不妊治療はタバコ(喫煙)を止めることから始まる!

タバコと男性不妊

「百害あって一利なし」と言われているタバコですが、その百害の中に男性不妊が含まれていることをご存知でしょうか?

まぁ現代においてタバコで何かプラスされる健康効果は一切存在していないことは多くの人が知っていると思います。しかし、煙草によってどんな健康被害が起こっているかを知っている人は少ないのではないでしょうか。

ただただ健康被害があるという一括りで終わりにしています。

タバコは男性不妊を進行させている1つの原因です。

男性側の原因で子供を授かれない状態にある人は何よりも先にタバコを辞めましょう。タバコを吸っている男性不妊症の人からすれば禁煙自体が男性不妊治療の1つと言えるくらい絶大的な効果を与えてくれるわけですから。

それでは今日はタバコ(喫煙)と男性不妊について詳しくご紹介しましょう。

タバコは精子の数と質を低下させる

「何となくタバコが精子に影響しているのかな~」と思う人はいると思いますが、何となくではなくモロに影響しています。

これは喫煙者と非喫煙者を被験者にした実験でも証明されています。

以下の喫煙と精子の関係を表した実験結果

Table-1.-2014.5.20

画像引用:たばこと男性不妊 第1話ブログ|泌尿器科医 岡田 弘 オフィシャルサイト

簡単に言うと、「タバコを吸っている人と吸わない人では精子の数と精子の運動率が違い、喫煙者のほうが精子に悪影響を及ぼしていました。」という結論に至った実験です。

タバコの成分であるニコチンが主に精子の質・数に影響を与えていて、ニコチン濃度によっても数値の差が大きく現れています。

つまり、タバコが男性不妊を斡旋させているとともに、ヘビースモーカーであればあるほど不妊に悪影響を及ぼしているんです。

タバコが精子のDNAを傷つける

精子の質と数にも影響するタバコですが、精子が持つDNAに対しても喫煙は影響を与えています。

これはタバコが持つ特性である強い酸化ストレスが精子のDNA構造を傷つけるからと言われています。

もともと、タバコを吸う・吸わないにかぎらず、一定の割合でDNA構造が損傷している精子は存在しています。しかし、その割合が喫煙者と非喫煙者では大きく異なるんです。

精子のDNAは不妊という意味合いでは、質・量ほど深く関係はしていませんが、DNA構造が損傷している精子が受精することで、正常な胎児になるず流産してしまうリスクが高くなります。

全く妊娠させることができないという不妊というよりは、妊娠しても流産してしまうという場合は、喫煙が精子に与えている悪影響が理由という場合もあります。

タバコが原因でEDになる

男性不妊の原因は精子の問題だけではありません。EDによって性行為が円滑に行えないという状況も男性不妊の1つとされています。

精子と卵子が受精する以前の話にはなりますが、近年において男性不妊の原因として「ED」は急激に増えており問題視されています。

タバコは男性の血流に大きく関係しており、血流の低下は勃起に対して悪影響を与えEDを斡旋してしまうんです。

「タバコを吸っているけど血流に問題はない!健康診断で指摘されたことはない!」という男性も多くいますが、EDに陥る血流の問題は目に見えてわかる健康被害以前に現れるものです。

これは心臓や脳などの血管よりも男性器付近の血管のほうが細く入り組んでいるからだと言われています。

つまり、タバコによる血管・血流への影響は生命に関わる太い血管よりも男性器などに関与している細い血管の方が早く症状とし現れるんです。

だから、見た目上の健康被害が出ていなくてもEDになるという現象が起こりえるのです。

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる特性があり、この習慣的な収縮が血管を硬くし、細くしてしまい血流を悪化させているんです。

喫煙者による副流煙が妻も不妊にさせている

タバコは吸っている喫煙者だけが悪影響を及ぼすものではありません。

これが副流煙と言われているわけですが、タバコの特性上まわりにいる人も少なからず悪影響を及ぼす煙を吸うことになります。

そして、その副流煙を1番身近で吸い込む人物が「妻(奥さん)」になります。

男性でもタバコによって不妊が進んでしまうわけですから、副流煙とは言えど女性が同じ煙を吸い込むと女性不妊にもなってしまうのは当然です。

男性の喫煙が自身の不妊だけを進めているのであれば救える部分もありますが、男性が喫煙をすることで夫婦の不妊が進んでいるということを覚えておきましょう。

といよりも、子供が出来ずに悩んでいる夫婦でタバコを吸っているのであれば今すぐ止めましょう。

喫煙者で不妊に悩んでいるなんて自業自得なので!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*