男性不妊をセルフでチェック!日常生活から紐解く精子量!

不妊治療や不妊症と聞けば女性だけのもの。と考えがちですが、コレは大きな間違い。

世界保健機関(WHO)が公表した不妊症の原因は統計で【女性41%】【男性24%】【男女共24%】【原因不明11%】となっています。

男性24%・男女共24%…これを考えれば不妊症に苦しむ夫婦のうち、2組に1組が男性にも原因があることになります。

半数です。不妊症に悩む夫婦の半数は男性にも原因があるということは忘れてはいけません。

自分は子作りをしていないし関係ないと思っているかもしれませんが、一般的に無精子症は100人に1人の割合でいると考えれらています。これを考えても他人事ではありません。

自分の精子は大丈夫?10人に1人は精子に悩みを抱える時代

とにかく不妊症は俺には無関係だ!と考えるのはよくありません。もう一度言いますが不妊症に悩む夫婦の半数が男性にも問題があるのです。

男性不妊の原因は精子に異常がある場合や、EDや射精障害など性交時に異常が生まれる場合などが考えられます。中には遺伝的要因が関係している先天性のケースも考えられます。

しかし男性不妊の原因の約90%は造精機能障害です。名前の通り精子を製造する機能に障害がある場合です。

精子が上手く作られない事で生まれる「無精子症・乏精子症・精子無力症」が男性不妊の主な原因。

名前を聞くだけで心が痛くなるような症状ですが、10人に1人は精子に悩みを抱える時代。他人事ではありません。

乏精子症が男性不妊の原因第一位

自然に妊娠するために最も望ましい精子の数は4000万以上だと言われています。これは望ましい数字なので4000万以上ないからと言って問題なわけではありません。

2000万以上あれば正常であり問題はありませんが、乏精子症の男性はこの数字に届きません。

乏しい精子という名前の通り「精子の数が著しく少ない状態」が乏精子症です。この乏精子症に苦しむ男性が圧倒的に多く、男性不妊の原因第一位に挙げられます。

原因は一言では言えませんが、精巣機能の低下や精索静脈瘤などの病気も考えられます。

また原因不明のケーズも多く非常に厄介な症状であることに違いはありません。

男性不妊の原因第二位が無精子症

名前の通り精液の中に全く精子が見られない状態が無精子症であります。ゾッとするような症状ですが、実はこの無精子症は男性不妊の原因第二位に該当しているのです。

厳密に言えば無精子症には種類があり、精子はあるが通路が塞がってしまっている【閉塞症(へいそくしょう)】と精子を作る機能そのものに障害がある【非閉塞症】に分けることが出来ます。

原因も様々で先天的なものから後天的な原因まであり、鼠径ヘルニア(脱腸)の手術も1つの原因になっているのが厄介な所。

幼少期・成人になってから鼠径ヘルニア(脱腸)の手術を受けた人が無精子症になる確率は、そうでない人に比べると非常に高いものあります。

精子無力症もあなどれない症状

男性不妊の原因3位に位置する精子無力症は、精子に元気がない状態のものを指します。乏精子症まではいかないが、元気な精子が少ない場合は精子無力症と診断されます。

この症状の場合は先天性のケースが多く、原因も全て解明されているわけではないのが実際の所。

前立腺の炎症や精巣の炎症、またおたふく風邪で高熱が出た経験のある人もその際に組織にダメージを受けている可能性があるようです。

小さい頃に停留精巣で手術を受けた経験のある人も精子無力症になってしまっている可能性が考えられます。

乏精子症と同じように精索静脈瘤が引き金になっている場合もあるようですね。

健康な精子は日常生活にかかっている?男性不妊を簡単セルフでチェックしてみよう。

「無精子症・乏精子症・精子無力症」と言っても専門医での診察を受けなければ判断することは出来ません。

実際に不妊に悩んでいる人は診察を受けるでしょうが、結婚していない人や子作りをしていない人は先に受診しておくなんていう考えは中々出てこないでしょう。

そんな人にオススメなのが生活習慣によるセルフチェックです!

精子の量や製造には日常の生活が大きな関係を持っていることもわかっています。簡単に言えば生活習慣が極端に乱れている人はその可能性もあるということです。

「肥満の人は精子の数が少なくなる」など正式な研究の上で分かっていることもあります。これらから自分はもしかしてヤバイかも…と感じる事ができるでしょう。

そのようにして危機感を持っておくことは非常に需要なことなので、是非自分と照らし合わせてチェックしてみましょう。

適度な運動はしていますか?運動不足は危険信号

運動不足は男女ともに不妊につながってしまう重要な要素です。近年は運動不足やデスクワークの増加などにより筋力が衰えている人が非常に増加しています。

運動不足になると全身の筋力が衰えるばかりでなく、血行不良やホルモンの分泌量にまで影響が出てきます。

特に男性の場合は男性ホルモン(テストステロン)が減り、性欲や生殖機能に異常が生じることもあります。

ただ筋肉・体力が低下するだけではなく、血行不良やホルモンバランスは不妊を巻き起こす大きな原因だという事を理解しておきましょう。

運動不足は肥満を招きますし、今現在極度の運動不足(デスクワークで運動も一切しない人など)だな…と感じる人は要注意です。

喫煙や乱れた食生活は不妊のもと

忙しくて食事はコンビニ弁当・インスタント食品ばかり。こんな男性はとっても多いでしょう。

結婚してからはなくなるかもしれませんが、1人の生活が長くなればなるほど食生活は乱れがちです。その乱れた食生活の習慣が男性不妊の原因となるかもしれません。

栄養不足に陥ると血流は悪くなる一方で、充分な精子を生み出す精巣機能が衰えてしまいます。それだけでなく偏った食生活は肥満や生活習慣病を招く原因でもありますよね。

また喫煙は「体に悪い事」は誰しもが理解しているでしょう。これは精子にも悪影響を与えることが研究結果として出ています。

血流悪化や様々な器官を酸化させてしまう喫煙は不妊の大きな原因。乱れた食生活に加え過度の喫煙を行っている人はかなり危険です。

サウナや高温の湯船に長時間浸かる行為は要注意

精巣は33度前後に保たれている事は知っているでしょうか?コレは精子が高温に弱く、守るために一定の温度で保たれているからなんです。

つまり精巣の温度が高くなりすぎる事はよくありません。サウナや湯船に長時間浸かる習慣のある人は少し注意しなくてはいけません。

ある程度は血流も良くなるのでいいのですが、熱すぎ・浸かりすぎはNG。

人間の体温よりも熱いお湯に浸かる習慣のある男性は精子の運動率が悪くなるという研究結果がでたこともあり、注意しなくてはいけないポイントです。

サウナや高温の湯船同様、ノートパソコンを膝下に置いて使用するクセのある人などは男性器周辺が熱を持ってしまいます。温めすぎないように注意しましょう。

過度な飲酒や身体を締め付ける服装は避けるべき

運動不足や乱れた食生活。サウナや湯船で温めすぎることなど、生活環境の中で男性不妊になりやすい生活は多々あります。

過度の飲酒も栄養バランスを乱すだけでなく、質の良い睡眠を妨げる影響もあります。睡眠不足は健康的な精子を作るためにも避けるべき要因。

また下腹部を締め付けるようなキツイ衣装(キツいブリーフ)などはよくありません。同様にボクサーパンツや細身のジーンズ・スキニーパンツなどもあまり良くないとされていますね。

密着性が高く男性器が蒸れてしまうようなものは基本的には避けたほうが無難でしょう。

トランクスやふんどしなどの方が生殖機能を高めるとも言われています。心当たりのある人は少し気にしておいたほうがいいかもしれませんね。

細かなことですが日々の生活を見直し、男性不妊について意識しておくだけでも確実に男性にとってプラスに働くと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*