男性不妊の主な原因は精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)

精索静脈瘤

実は糖尿病患者の数より男性不妊で悩んでいる人の方が多いということしっていましたか?

糖尿病といえば生活習慣病の代名詞で、多くの患者がいることで有名です。それとは逆に男性不妊というと本の一握りの数だと思う症状ですが、2012年の厚生労働省発表のデータから読み取ると糖尿病患者の数よりも多いことがわかります。

糖尿病患者の数は約52万と言われていますが、男性不妊は約100万人と言われているので、倍近い違いがあるんです。

  • 男性不妊というと何だか恥ずかしい・・・
  • 男として認められない・・・

といった意見が多くありますが、この数からするともはや日本人男性の代表的な症状ともいえます。だから、男性が原因で子供が授かれないとしても珍しいことではなく、恥ずかしがることもないんです。

そういった心境が多いことで診察や検査にいかない男性も多いので、妊娠を願っているのになかなか妊娠させることができないという男性は病院で気軽に検査を受けましょう。

男性不妊の主な原因は静脈瘤(じょうみゃくりゅう)

男性不妊に陥る原因は大きく2つに別れています。

その2つが造精機能障害と精路通過障害になります。

造精機能障害
精子が少なかったり、精子の運動率が低かったり、精子の形態が正常でなかったりという風に精子を作る段階で機能的な問題がある場合は造精機能障害と診断されます。
精路通過障害
精子が作られて射精するまで通路、または精子が送り出される通路の段階で何らかの機能的な問題がある場合は精路通過障害と診断されます。

2つに大きく別けられているわけですが、男性不妊90%以上が造精機能障害にあたると言われています。

原因 患者数
造精機能障害
特発性造精機能障害 5650人 75%
精索静脈瘤 1398人 18.60%
染色体異常 128人 1.70%
間脳下垂体以上 21人 0.30%
抗がん化学療法後 92人 1.20%
停留精巣 46人 0.60%
ムンプス精巣炎 18人 0.20%
その他 90人 1.20%
精路通過障害
先天性両側精管欠損 18人 0.20%
ヘルニア手術後 43人 0.60%
精管結紮 31人 0.40%

参考:男性不妊バイブル | 泌尿器科医 岡田 弘 オフィシャルサイト

造精機能障害は男性不妊検査の「精液検査」によって調べることができるんですが、多くの人は「精子の数が少ないだけ」ということはなく、全体的に基準値を下回ることが多いらしいです。

つまり、精子の濃度・運動率・形態異常のどれかが異常値というよりは、男性不妊と診断される人の多くは3つともに異常がみられるんです。(医学的にこれらをOTA症候群いいます。)

上記の表を見てわかるように、造精機能障害の中の特発性造精機能障害という原因が男性不妊(OTA症候群)で最も多く75%です。実は特発性造精機能障害というのは原因不明ってことなんです。

つまり、OTA症候群と診断される人の約70%以上は理由が原因がわからずに診断されているんです。

そして、原因がわかっている男性不妊(OTA症候群)で最も多いのが静脈瘤になります。

男性不妊の原因「静脈瘤」について

静脈瘤【精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)】は、男性不妊で原因がわかっている中でもっとも多い原因です。上記の表だと約18%が該当していましたが、これはこのデータを調査した泌尿器科医「岡田弘」さんのみのデータです。

一般的には30~40%が静脈瘤が原因で男性不妊に陥るようです。

静脈瘤とは、静脈弁という機能が低下(または不全)になってしまい、普通なら心臓へ向かって流れるはずの血液が逆流してしまい、精巣に戻ってしまうことにより、精巣の静脈に瘤(瘤状のふくらみ)ができるものです。

静脈瘤と更年期の女性だと足などにできることが多くあります。

静脈瘤については以下のサイトを御覧ください。(※グロ画像あり注意。)

知ってください下肢静脈瘤のこと | 下肢静脈瘤について

静脈瘤は身体の色々な部分にできる可能性がありますが、男性不妊を引き起こす静脈瘤は精巣(睾丸付近)で起こります。上記で紹介したサイトで静脈瘤というものがどのようなものかわかった人だと納得できるかと思います。

この静脈瘤が精索(精巣付近)にできてしまうと、精巣温度が高くなり、酸化ストレスが増えることがわかっています。

よく「歳をとってから高熱がでると精子が死ぬ」なんて言われますが、これは本当の話で、静脈瘤による男性不妊も主に精巣の温度が習慣的に上昇してしまうからなんです。

この精巣付近の体温上昇によって、精子の製造が少なくなったり、異常を来す恐れがあるんです。

原因がわかっている男性不妊として最も多いのがこの静脈瘤になります。睾丸は精密な検査をしないと判断できませんが、「足に静脈瘤ができている」「家族が静脈瘤になっている」という人は体質的に精索静脈瘤にもなりやすいと言えます。

そういった節がある人は一度泌尿器科で検査を受けるようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*